JIPITER[ジュピター]

JUPITER [ジュピター]

全国のママに役立つ情報を経験を交え発信中。これから出産の妊婦さん、子育て奮闘中ママにも有益な情報をお届け!

ママになるため・・・・でも、辛いつわり!症状と原因は?

f:id:jupiter615:20161211133150j:plain

妊娠中の女性ならほぼ全員が経験するつわりですが、人によって軽くすむ人もいれば、重い人もいます。それでも辛い事には変わりありません。


いつかは必ず治まるのですが、わかっていても辛いのがつわりです。それにつわりの期間も人それぞれなので、先が見えない感覚もあるかもしれません。元気な赤ちゃんを産むためには避けて通れない道なので前向きに乗り切っていきたいものです。
いつまで、どのように頑張ったら良いのでしょうか。

 

つわりの原因は何?

妊娠中のつわりの原因は本当のところはっきりしていないのが現実です。ホルモンバランスの崩れや自律神経の乱れとも言われていますが、妊娠による影響なので心配はいりません。


お腹に赤ちゃんが出来たという変化に身体の機能がついていけないため、一種の拒否反応が出ているとも考えられています。一般的に、症状が出てくるのが5週目頃で、14週目辺りまで続く人が多いようです。時期や長さも個人差がありますが、上手に付き合って乗り切るしかありません。

 

食べないと辛い食べづわり

つわりには種類があり、何かを食べていないと辛くなる食べづわりがあります。食べづわりは、血糖値が低くなると気分が悪くなってしまうために、何かを口に入れてしまう症状です。


空腹感を感じると気分が悪くなってしまうので、何か食べるというのは仕方ないことです。しかし、食べ過ぎは体重増加に繋がるため、一日の総カロリーを管理していくことも大切です。


大幅な体重増加は、出産時のママだけでなくお腹の赤ちゃんにも負担をかけてしまうことになります。また、妊娠糖尿病や赤ちゃんの肥満にもつながりかねないので注意が必要です。少量を小分けにしながら食べるようにしましょう。

 

辛い、吐きづわり

何を口にしても吐いてしまうのが吐きづわりです。こんな時は無理に食べる必要はありません。少しずつなら食べられるなら少しずつを、果物だけ食べられそうならくだものだけでも構わないのです。


注意したいのが、吐くと、脱水症状になりやすいので水分補給をしっかりとする必要があります。吐きづわりが酷く、水分も受け付けないようであれば、妊娠悪阻の可能性があるので産院にいき治療を受けましょう。

 


つわりの症状は個人差が大きく、程度も人によって様々です。この辛さは実際に苦しんでる妊婦であるママにしかわからないものです。

忘れないで欲しいのはママ1人で頑張っているわけではありません。お腹の赤ちゃんもママと一緒に頑張ってくれています。必ず治まります。ママなる訓練だと思いながら頑張って乗り越えていきましょう。