JIPITER[ジュピター]

JUPITER [ジュピター]

全国のママに役立つ情報を経験を交え発信中。これから出産の妊婦さん、子育て奮闘中ママにも有益な情報をお届け!

どこまで大丈夫?理想の体重増加は?妊婦さんの体重管理

f:id:jupiter615:20161211133517j:plain

妊娠するとお腹の赤ちゃんの成長に伴って、体重が増加してきます。必要以上に増えても、減ってもママやお腹の赤ちゃんのためによくありません。


最近では、体重が増えすぎてしまうママだけではなく、産後の体型を気にするあまり、体重を増やしたくないとダイエットをするママさんも多く、体重が増えないことで問題になることも多いようです。お腹の赤ちゃんのため体型も気になるでしょうが、適度に体重増加が必要なのです。では、どれくらいの体重増加が理想的なのでしょうか。


理想の体重増加とは?

妊娠すると赤ちゃんに栄養を与えるため、そして産後の授乳に備えて、脂肪を蓄えるようになります。また、子宮や乳房、増加する血液、羊水、胎盤、お腹の赤ちゃんの成長などで体重が増加していきます。

 

子宮や乳房の増大・血液の増加で3~4kg、羊水が約500g、胎盤が約500g、お腹の赤ちゃんが約3kgだとして大体7kg前後増加することになります。理想の体重増加の目安はというと、BMIが18.5未満の痩せ型の人で10~12kg、またBMIが18.5~25未満である標準体型の人で7~10kg、そしてBMIが25以上の太り気味の人で5~7kgといわれています。

 

体重が増えすぎた場合に起こるトラブル

妊娠20週以降、産後12週までに起こる、高血圧、むくみ、蛋白尿などの症状が出てくる、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病には注意しましょう。母体が高血糖状態が続くことで、赤ちゃんが巨大児になり、難産のリスクになりかねません。

 

体重が少ない場合に起こるトラブル

貧血が一番多く、分娩時に出血に耐えられず輸血をしなくてはいけなくなるというリスクが出てきます。適切なエネルギーや栄養がお腹の赤ちゃんに行き渡らないため、低体重児になるリスクもあるので注意が必要です。

 

理想の体重管理

バランスの良い食事を摂ることが一番大切です。妊娠時期によって必要カロリーやビタミン・カルシウムなどの摂取基準が定められています。品数を多く摂り、塩分の摂りすぎにも注意しましょう。

 

つわりの時期は食べられたり、食べられなかったりと人によって様々ですが、つわりが落ち着いたら、体重の調整を心がけていきましょう。また、体調に合わせて、軽い散歩や体操など適度に身体を動かすことも体重管理につながっていきます。

 

妊娠中の体重管理はバランスがとても大切です。ママさん1人の身体でないということを意識する必要があります。食事内容も体重変化も極端にならないように心がける必要があります。何事も適度に行う事が大切です。