JIPITER[ジュピター]

JUPITER [ジュピター]

全国のママに役立つ情報を経験を交え発信中。これから出産の妊婦さん、子育て奮闘中ママにも有益な情報をお届け!

マタニティブルーの原因・症状・解消法

f:id:jupiter615:20161211214628j:plain

お腹に待望の赤ちゃんが宿り、とっても幸せいっぱいのはずなのに悲しい気持ちになるのがマタニティブルーです。その悲しい気持ちがどこから来るのかわからないママも少なくなく、それ自体で悩んでしまうことも多いようです。妊娠・出産時に起こる気分の落ち込みや抑うつ状態になってしまうことです。

 

ホルモンバランスの崩れや身体の変化が主な原因といわれています。マタニティブルーは妊娠中の女性の約半数が経験するといわれています。自分だけ・・・と落ち込む必要はありません。多くの人は短期間で回復しますが、あまりにも症状が酷い時には病院に相談する必要があります。

 

マタニティブルーの原因

では、マタニティブルーになる原因にはどのようなことがあるのでしょうか。まず、妊娠がわかった時です。赤ちゃんが出来た嬉しさもあるのですが、これからの生活の変化を考えると不安になり、マタニティブルーにつながることが多いようです。

 

つわりが始まった頃からマタニティブルーになる人も少なくありません。つわりは多くの妊婦さんが経験するつらい症状です。

 

体調が悪いというだけで、人はネガティブになってしまいがちです。いずれ終わるとわかっているつわりですが、いつ終わるかは人それぞれなので、先が見えにくい面があり、マタニティブルーの原因になってしまいます。

 

出産間近にもマタニティブルーが起こりやすくなります。出産時の痛みに耐えられるなどの出産時の不安が原因になります。

 

マタニティブルーの症状

マタニティブルーとはどのような症状なのでしょうか。主な症状は、ちょっとしたことで悲しくなる、身体がだるい、常に眠くなる、不安に感じることが多くなる、何もやる気が起きないなどがあげられます。一番の症状は何もやる気が起きないことだといわれています。

 

マタニティブルーの解消法

一番の解消法はとにかくストレスをためないことです。そうでなくても身体の変化が大きく、ストレスがたまりやすくなっています。

 

しんどい時は思い切って眠るのも構いません、散歩や軽いストレッチも効果的です。友達とお茶をしながらおしゃべりも気分転換になるのでおススメです。

 

多くの人は短期間で治まってくるマタニティブルーですが、症状がひどいままにしておくと産後うつにつながってしまうこともあります。何でもないからとそのままには絶対にしないようにしましょう。症状が酷いと感じた時は、病院の先生に相談し適切な治療を受けることが大切です。