JIPITER[ジュピター]

JUPITER [ジュピター]

全国のママに役立つ情報を経験を交え発信中。これから出産の妊婦さん、子育て奮闘中ママにも有益な情報をお届け!

焦らずゆっくりと、トイレトレーニングの正しいやり方と注意点

f:id:jupiter615:20161211222624j:plain

トイレトレーニングでの焦りは禁物?

子供が必ず通る『トイレトレーニング』。しかし、トイレトレーニングが成功するのは個人差があり、すべての子供が同じ時期にトイレで用をたせるようになるわけではありません。『うちの子、なかなかトイレを覚えてくれない』『いつまで経ってもオムツが取れない』なんて焦っていませんか?なかには『幼稚園に通わせるまでにトイレトレーニングを成功させたい』という方もいるでしょう。

 

でも、ママの焦りは子供にとってストレスになります。ストレスになると幼稚園に行っても、下手をすると小学校に入学してもオムツが取れなくなってしまいます。ですから、トイレトレーニングをするときは焦りは禁物です。

 

気長にのんびりと、『きっとできる』と前向きな気持ちで行いましょう。

 

トイレトレーニングにタイミング

トイレトレーニングのタイミングは、『おしっこしそうなとき』を見て、ママがトイレに誘うことです。トイレを覚えるまでは、子供はひとりでトイレができません。おしっこやうんちはトイレでするものと理解してようやくトイレで用をたせるようになりますから、トイレトレーニングではまずママがトイレへ誘導させてあげましょう。

 

最初はおまるからはじめ、徐々にトイレを使うようにします。最近はトイレにおまるをセットできる商品もありますから、そういったものを使うのも良いでしょう。また、子供にも『おしっこしたい』『うんちが出そう』ということを出る前に伝えさせるようにしましょう。

 

子供の性格も十人十色でいろんな子がいます。『出る前の申告』を覚えさせると、自然にトイレのタイミングが分かるようになります。トイレトレーニングでは、まずこの『出る前の申告』と『タイミング』を頭に入れておいてください。

 

楽しくトイレトレーニングをする

トイレが苦痛になってしまうと、トイレに行かずに出してしまう…ということになり兼ねません。ですから、『楽しくトイレトレーニング』をすることも大事です。そこでオススメしたいのがトイレカレンダーやトイレの装飾です。

 

トイレカレンダーには、トイレがきちんとできるとシールを貼ることができます。『きちんとトイレができたね』と褒めながらシールを貼ってあげると、子供はトイレトレーニングが楽しくなるに違いありません。またトイレの装飾も重要です。

 

なかには『トイレが怖い』とトイレを拒む子もいますから、子供が楽しくトイレができる空間にしてあげましょう。

 

まとめ

トイレトレーニングは難しい!と感じるママも少なくないでしょう。でも、子供は必ず覚えます。すぐにきちんとトイレができるようになるので安心してトレーニングをさせてあげてください。