JIPITER[ジュピター]

JUPITER [ジュピター]

全国のママに役立つ情報を経験を交え発信中。これから出産の妊婦さん、子育て奮闘中ママにも有益な情報をお届け!

高齢出産は何歳がリミット?高齢出産で母子に起こりやすいトラブルとは

f:id:jupiter615:20170331110218j:plain

高齢出産のイメージ

ここ数年は働く女性が増え、結婚も遅くなってきました。そのため、出産も高齢になってからする人が増えてきました。高齢出産というとリスクもありますし、育児においても大変なイメージがありませんか?

 

医学の進歩は目覚ましいものがあり、高齢出産でも安心してできるようになりましたが、やはりリスクもあり、出産においてはリミットもあるのではないかと考えられています。30代後半から40代でも子どもを授かりたいと願う女性は多いのですが、高齢出産にはどのようなリスクがあるのか知っておきましょう。

 

出産のリミット年齢

女性の体は年齢と共に変化します。30歳後半くらいから卵巣機能は低下していきます。卵子の数がだんだん減っていき、40歳代になると卵子を生み出す力が弱まり、卵子はとても少なくなります。また、その卵子の質も低下してしまうので妊娠しづらくなってしまうのです。

 

女性ホルモンの量も年齢と共に減り、ホルモンバランスが崩れてきます。これも高齢で妊娠しにくくなる理由の一つです。

 

女性の体のことを考えると35歳くらいまでに出産するのが良いと言われていますが、卵巣機能や卵子の状態は個人差があります。特に最近は晩婚化が進んでいますから、30代後半から40代前半で妊娠する人はたくさんいます。

 

今は体外受精の技術なども向上しており、何歳までにというリミットを設けるのは難しいのですが、だいたい40代前半くらいまでがリミットではないかと考えられています。

 

高齢出産のリスク

日本では、高齢出産というと35歳以上で初めての出産をすることです。医学上では40歳以上が高齢出産と言われています。50歳以上での出産は超高齢出産と言われているようです。

 

高齢になってからの出産にはどんなリスクがあるのかというと、流産しやすくなる、胎盤早期剥離になりやすい、難産になりやすい、先天異常になりやすいなどがあります。妊娠中は妊娠高血圧や妊娠糖尿病になりやすいとも言われています。

 

医学の進歩で高齢出産が増えるかも

高齢出産は、リスクがクローズアップされてしまいがちですが、メリットもあります。35歳を超えて出産する女性は、キャリアを積んできている人が多く、経済的に余裕がある人が多いです。その分、ゆとりを持って子育てができるメリットがあります。

 

また、人生経験も20代女性に比べると多く積んでいますから、精神的に余裕を持って妊娠生活や育児を行う女性が多いです。医学も日々進歩していますから、今後高齢出産はもっと増えてくる可能性があります。