JIPITER[ジュピター]

JUPITER [ジュピター]

全国のママに役立つ情報を経験を交え発信中。これから出産の妊婦さん、子育て奮闘中ママにも有益な情報をお届け!

妊婦さん必見!マタニティ用の服を用意することも大事

お腹が目立ってきたらマタニティウェアが必要!

出産を控えた妊婦の方は、自身の服装にも気を配ることも大事です。妊娠初期には体型の変化はあまりなくても、段々と赤ちゃんがお腹の中で育っていくことでお腹も大きくなっていくので、その大きさも目立ってくるものです。

 

そうなると、これまで着ていた服では不便さが出てくることが考えられます。そこでマタニティウェアなどを用意しようとした場合に、どういったものが適しているのかを見極めることは簡単ではないかもしれません。

 

デザインも色々とありますし、値段も考える必要があるのではないでしょうか。そこで、マタニティウェアの選び方などについて考えてみましょう。

 

妊婦さんの服などを選ぶ方法とはどんなものか

マタニティウェア選びで大事なのは、まずは素材です。妊娠をすることによってホルモンバランスが変わり、体質や好みに変化が現れる方もいます。黄体ホルモンの変化によって、肌が敏感にもなっているとされています。

 

その敏感な肌に刺激のある物が触れると、肌が荒れてしまう可能性もあります。よって、妊婦の方は素材にも十分気を付ける必要があるのです。例えば、化学繊維であるナイロンやポリエステルなどは避けることが無難です。

 

用いるなら、コットンやガーゼ素材のものが適しています。その他では、育てる際に化学肥料や農薬が使われていないオーガニックコットンも人気があるので、選ばれるのも一案です。

 

さらに、マタニティウェアの中には赤ちゃんの授乳に便利な授乳口が付いているタイプもあります。そういったものを選ぶと、妊娠期間だけでなく産後の授乳期間でも着ることができて便利です。

 

また、マタニティウェアでワンピースを探すのなら、産後も着られるようなデザインを選ぶことも1つの手段です。お腹が膨らんでいたものが元に戻っても着られるものが適しています。産後も着られるようなデザインを選ぶと、長く愛用することができるでしょう。

 

そして、服だけではなく靴にも注意をすることも大事です。なるべく転倒を防ぐために滑りにくいもの、履きやすさを考えてしゃがまずに履くことができるタイプがうってつけです。厚底のものなどは転倒の危険性もありますので、避けることが無難です。

 

肌への影響や長く使えるものという点も考えて選ぼう!

妊婦の方はマタニティウェアを選ぶ際に体質の変化に合わせて素材を選ぶことが重要です。敏感になっている肌に影響がないものであることがポイントなのです。また、妊婦時代だけではなく産後も着られるようなデザインのものを選ぶことも一案です。

 

靴に関しても、転ばないという点や履きやすさに重きを置いて選ぶことが大事です。