JIPITER[ジュピター]

JUPITER [ジュピター]

全国のママに役立つ情報を経験を交え発信中。これから出産の妊婦さん、子育て奮闘中ママにも有益な情報をお届け!

妊活・妊娠中に摂取するとよいといわれている「葉酸」とは?葉酸の効果について徹底解説!

葉酸は胎児の先天性異常を防ぐ

妊娠中は「葉酸」という栄養素を摂るとよいといわれていて、産婦人科でも妊娠がわかると葉酸を摂取するよう主治医からすすめられることも多いことでしょう。葉酸は鉄分の仲間で、貧血などに効果があるようですが、なぜ妊娠中葉酸を摂取するとよいのでしょうか。

 

葉酸は貧血の予防や改善に役立つほかに、体内の細胞を正常に生成する働きを助ける効果があります。そのため、日々胎児が成長していく過程で葉酸を摂取することで、赤ちゃんが形成されるための細胞が正しく作られる効果が期待できるのです。

 

この効果により、生まれてくる赤ちゃんの先天性異常を防ぐことが可能だといわれています。先天性異常には、主に神経管閉鎖障害や二分脊髄などが挙げられます。

 

葉酸が胎児に大きく影響するのは、妊娠初期です

妊娠中を通して葉酸は必要なのですが、妊娠初期、およそ3ヶ月目頃までに多くの葉酸を必要とします。妊活中の人は、妊娠する以前から葉酸を摂ることで、より効率的に必要な時期に胎児に葉酸の栄養素を届けることができます。

葉酸の摂取は当然お母さんがメインになりますが、妊活中はお父さんも一緒に摂取することで、健康な細胞の精子が作られるといわれていますので、ぜひお父さんも積極的に葉酸を摂取してください。

 

葉酸が多く含まれる食材は?

葉酸が多く含まれる食材は、ほうれん草やのり、鶏レバー、そら豆などが挙げられます。

 

特にほうれん草は葉酸が豊富な食材として知られていますが、ほうれん草には「シュウ酸」という成分も多く含まれており、シュウ酸は摂取し過ぎると体に悪影響が及ぶ可能性があるため、摂り過ぎには注意が必要です。

 

葉酸はサプリメントでの摂取が効率的

前述したように、食材で葉酸を摂取する場合、摂り過ぎないほうがよい栄養素も過剰に摂取してしまう可能性があるため、サプリメントでの摂取が効率的だといわれています。

 

葉酸のサプリメントは、天然成分のみでできているものと、化学成分を使用してできているものとありますが、葉酸においては化学成分を使用して作られているものが厚生労働省から推奨されています。

 

その理由には、葉酸の吸収力が関係しています。葉酸のサプリメントは化学成分を使用して作られているもののほうが、体内への吸収率が高いのだそうです。

 

赤ちゃんのために化学成分はできるだけ摂取しないほうがよいという意識があるかもしれませんが、葉酸については化学成分を使用したサプリメントを摂取しても問題ありません。