JIPITER[ジュピター]

JUPITER [ジュピター]

全国のママに役立つ情報を経験を交え発信中。これから出産の妊婦さん、子育て奮闘中ママにも有益な情報をお届け!

妊活中も妊娠中も気をつけたい「冷え」。冷えがよくない理由や冷えの予防法についてまとめました

妊娠中は体が冷えやすい

妊娠前までは特に冷えは気にならなかったという人も、妊娠後に急に冷えを感じるようになることが多いようです。その理由としては、妊娠中は体のめぐりが鈍くなるため、血行が悪くなってしまうことや、ホルモンバランスの乱れによって自律神経が乱れることなどが挙げられます。

 

また、妊娠中は体が重くなるので思い切り運動をすることがなかなかできないため、筋肉量が低下して体が燃えにくい状態になってしまうことも一因のようです。

 

けれど、妊娠中は特に体を冷やしてはいけないとよく聞かれますよね。なぜ妊娠中は体を冷やすとよくないのでしょうか?

 

妊婦はどうして冷えるとよくないの?

妊娠中に体を冷やすとよくない理由にはいろいろなことが挙げられます。

 

ひとつは、妊娠初期に冷えがひどいとつわりの症状が重くなること。つわりの原因は科学的に解明されていないので、冷えによるつわりの症状についても諸説ありますが、実際に体が冷えていた人はつわりが重い傾向にあるようです。

 

そのほか、冷えるとお腹が張りやすくなってしまい、お腹の赤ちゃんがのびのびと成長できません。お腹の張りは赤ちゃんはもちろん、妊婦さんにも辛い症状ですので、できるだけ予防したいもの。

 

また冷えは妊娠に関係なく、腰痛や便秘を引き起こしやすいので、やはりよくないということがわかりますよね。

 

妊娠中は便秘になりやすいですし、赤ちゃんの重さによって腰に負担がかかりやすく、腰痛を起こしやすい状態になっていますので、冷えによってそれらの症状が重くなってしまうことも考えられます。むくみや足がつってしまうといった症状も、体が冷えていると起こりやすいです。

 

妊娠中の冷え対策

妊娠中の冷えを予防するには、まず冷たい食べ物や飲み物を摂取しないように意識することが大切です。

 

夏場はどうしてもキリッと冷えたアイスや氷の入った飲み物、冷たいメニューなどを摂り入れたくなりますが、できるだけ温かいものを口にするように心がけましょう。すいかやナス、きゅうりなど、体を冷やしやすい食材も避けたほうがよいかもしれません。

 

次に、お腹を冷やさないように腹巻きをしたり、夏場でも靴下を履くなどして冷え対策を取るのも有効です。エアコンなどの冷気は下に溜まるのに加え、温かい空気は上に上がっていきますので、通年を通して足元はとても冷えやすい傾向にあります。

 

靴下はもちろん、足首を温めると体全体が温まりますので、レッグウォーマーなどを活用してもよいでしょう。