JIPITER[ジュピター]

JUPITER [ジュピター]

全国のママに役立つ情報を経験を交え発信中。これから出産の妊婦さん、子育て奮闘中ママにも有益な情報をお届け!

妊娠中に体重が増えすぎないようにするには?妊娠中の体重管理方法をまとめてご紹介します

妊娠中体重が増えすぎるとどうしてよくないの?

昔と違い、今は妊娠中の体重管理はかなり厳しく指導されるようです。

 

妊娠前から出産時までの体重は、8kg程度の増加に抑えるのが理想だといわれていて、しかも一気に体重が増加してしまうこともよくないといわれています。なぜ妊娠中の体重増加はよくないのでしょうか?

 

妊娠中に体重が増えすぎてしまうと、「妊娠中毒症」を招く危険があります。妊娠中毒症とは、正しくは「妊娠高血圧症候群」と呼ばれる症状で、血圧が高くなってしまい、それに伴いさまざまな不調を来してしまうのです。

 

妊娠中毒症はとても怖い病気で、脳出血や腎機能、肝機能に障害が出たり、赤ちゃんにも母体から栄養がしっかり届かなくなってしまうなどさまざまな問題があります。つき過ぎてしまった妊娠中の体重管理にはくれぐれも気を配りたいですね。

 

妊娠中の食生活

妊娠中の食事は赤ちゃんにダイレクトに届きますので、しっかり食べて栄養を補給する必要があります。けれど、何を食べてもよいというわけではなく、脂質や塩分の多い食事は赤ちゃんにも負担をかけますし、母体の体重増加を招く恐れも。

 

妊娠中に限ったことではありませんが、野菜を中心としたヘルシーな食材をバランスよく摂り入れることが大切です。

 

妊娠中は赤ちゃんに栄養を運ぶため、食欲が増してしまいがちですが、野菜を中心とした油分を使いすぎないメニューであれば、たくさん食べてもそこまで急激に体重が増加してしまうことはありません。

 

タンパク質や各種ビタミン、ミネラルなどをバランスよく摂取できる、ヘルシーな食生活を心がけましょう。

 

食べづわりで体重増加を防ぐコツ

辛い「つわり」にもいろいろな症状があり、吐き気によって食欲が失せてしまう症状や、空腹時に吐き気をもよおすため常に何かを食べていないと気分が悪くなってしまう「食べづわり」といった症状があります。

 

つわりの間はストレスが一番よくないので、基本的に食べたいものを食べるのが望ましいといわれていますが、食べづわりの場合高カロリーなものを好きなだけ食べていると、急激な体重の増加につながってしまうので注意が必要です。

 

こまめに食べ物を食べたいというときは、ところてんなど低カロリーで満腹感のあるものを食べるようにしたり、りんごなどの果物をつまむようにすることで、カロリーをコントロールできます。

 

そのほか、食べづわりの人は1回の食事量を減らして、こまめに食べるようにすると総摂取カロリーを抑えられるのでおすすめです。