JIPITER[ジュピター]

JUPITER [ジュピター]

全国のママに役立つ情報を経験を交え発信中。これから出産の妊婦さん、子育て奮闘中ママにも有益な情報をお届け!

辛い「つわり」はいつ終わる?つわりの原因や症状緩和方法が知りたい!

どうしてつわりが起こるの?

妊娠すると多くの人が「つわり」の症状に悩まされます。

 

つわりの原因は科学的に明らかになっておらず、その症状もさまざまです。考えられる原因としては、妊娠によって黄体ホルモンの分泌が過剰になり、体がそのホルモンバランスに対応できないために発生するといわれています。

 

また、妊娠によって体内の状態が大きく変化し、自律神経が乱れることがつわりの原因だという説もあるようです。

 

つわりの主な症状には、吐き気や嘔吐、食べ物の好みが急激に変化する、精神状態が不安定になるなどのさまざまものがあります。これまで苦手だった酸っぱい食べ物を無性に食べたくなったり、ご飯の炊ける臭いが苦手になるといった人が多いです。

 

吐き気によって食欲が失せてしまうという人いれば、「食べづわり」といって空腹になると吐き気をもよおすため、常に何かを食べていないといられないという人もいるほか、症状の軽重もかなりの差があるようです。

 

つわりはいつからいつまであるの?

つわりの症状に個人差があるように、つわりの時期についてもその人によって大きく違ってきますが、つわりを経験した人の多くは、妊娠4週目あたりから12週目くらいまで症状があり、その後落ち着いていくようです。

 

ただし、出産までひどいつわりに悩まされる人もいますし、逆につわりを一切感じなかったという人もいます。

 

基本的には時期が来れば治まるといわれていますので、耐えられるようなら病院での治療を受ける必要はありません。

 

しかし1日に10回も20回も嘔吐してしまったり、水も飲めないほど吐き気がひどい、何日も食事できないなど、日常生活に支障をきたすほど症状がひどい場合は医師の診察を受けることをおすすめします。

 

辛いつわりの緩和方法

つわりはストレスによって症状が重くなるといわれているため、とにかくリラックスすることが大切です。

 

妊娠が分かると、お腹の赤ちゃんのために少しでも栄養を摂らなければと無理に食事をしようとしてしまいがちですが、つわりの間は無理に食事をしなくても大丈夫だといわれています。

 

栄養についてもつわりが治まるまでは神経質にならず、食べたいもの、食べられるものを重視した食事を摂って問題ありません。食べづわりの人は、高カロリーな食事を避けるように意識できるとよいですね。

 

食欲がなくても水分だけはしっかり摂取し、体調が悪ければ無理をしないでゆっくり休んでつわりを乗り切りましょう。