JIPITER[ジュピター]

JUPITER [ジュピター]

全国のママに役立つ情報を経験を交え発信中。これから出産の妊婦さん、子育て奮闘中ママにも有益な情報をお届け!

栄養たっぷりの母乳で赤ちゃんを健康に育てたい。母乳育児のポイントをご紹介します

なぜ母乳育児が推奨されているの?

今は「完母育児」が推奨されていて、ママさんも極力母乳で育てたいと考える人が多いようです。母乳育児が推奨される理由として一番大きいのは、「母乳が赤ちゃんにとって一番よい栄養だから」。

 

とはいえ、育児の方法は人それぞれですので、ミルクでの育児がいけないというわけではありません。


ミルク育児のほうがスムーズに進められるという人もいて、実際ミルクで赤ちゃんを育てている人もたくさんいます。

 

ただ、最近の粉ミルクは昔と違って質のよいものが増えていますが、それでも母乳の栄養にはかなわないという考え方が強いようです。

 

また、赤ちゃんを抱っこして母乳を与えることは、大きなスキンシップになります。赤ちゃんはママに抱きしめられながら母乳をお腹いっぱい飲むことで、愛情を感じながらすくすくと成長できます。

 

しかし、質の悪い母乳では赤ちゃんのよい栄養になりません。質のよい母乳を作るには、どんなことに気をつければよいのでしょうか?

 

質のよい母乳を作るには

母乳は、ママさんの血液から作られます。

 

血液はママさんが食べている食事から作られますので、やはり日々の食事はとても重要です。バランスよくいろいろな食材を摂り入れることが、質のよい母乳を作ることにつながりますが、その中でも特に母乳によいといわれている食事をご紹介します。

 

和食中心の食事

洋食は肉食に偏りがちですし、油分を多く使用するものが多いです。和食は魚中心のメニューが多く、野菜をたくさん使うレシピが中心ですので、和食のほうが体によい、母乳によい食事につながります。

 

食材としては、体を温める効果のある根菜や、血液をサラサラにしてくれる「オメガ3」が豊富な青魚がおすすめです。逆に、体を冷やすナスなどは避けたほうがよいでしょう。

 

母乳の出をよくしたい!

栄養をしっかり摂るとともに、母乳の出をよくするためにはとにかく体を温めることをおすすめします。普段のファッションも冷え取りを意識し、また忙しくても毎日湯船に浸かって体を芯から温めるよう意識してください。

 

赤ちゃんがいるとゆっくりお風呂に入ることが難しいかもしれませんが、そんなときこそご主人にサポートしてもらえるとよいですね。

 

また、母乳の出が悪くてもすぐに粉ミルクを与えるのではなく、とにかく赤ちゃんにおっぱいを吸ってもらうこと。母乳は刺激を受けることで出やすくなりますので、毎日吸ってもらうことでよく出るようになります。

 

また、ストレスを受けると血管が収縮して血流が悪くなり、母乳の出も悪くなりますので、毎日リラックスして健やかな生活を送ることも、母乳の出をよくすることに大切です。