JIPITER[ジュピター]

JUPITER [ジュピター]

全国のママに役立つ情報を経験を交え発信中。これから出産の妊婦さん、子育て奮闘中ママにも有益な情報をお届け!

産後太りをなんとかしたい!コツを抑えて効率的に産後ダイエットしましょう

産後すぐに体重が減るわけではない

実際に出産された人は分かるでしょうが、出産後すぐにお腹が凹むかと思ったら、数日はぽっこりお腹が出てしまっています。体重の減り方も同様で、赤ちゃんと羊水が体から出たにも関わらず、思いの外体重が減らなくてがっかりしてしまった人も多いのではないでしょうか。

 

体重は出産後すぐに減るのではなく、悪露などが少しずつ体外に排出されるのに合わせて減っていきます。けれど、産後1ヶ月しても体重が減らないのは、産前に脂肪がついてしまったことが原因かもしれません。

 

産後ダイエットは出産してから6ヶ月が勝負だといわれていますので、早めにダイエットに取り組んで産前のスリムな体を取り戻しましょう。

 

産後ダイエット、おすすめの方法は?

産後ダイエットのひとつとして有効なのが、「産後ストレッチ」です。妊娠中はお腹に赤ちゃんがいたので思うように動けず、体が固くなってしまっています。しなやかさはダイエットに重要ですので、ストレッチで体をほぐし、痩せやすい体を作りましょう。

 

ストレッチ方法は産後の時期に合わせて変えていくのが効果的です。産後6週目までは無理に体を動かさないよう、横になって体を思い切り伸ばし、深く呼吸をすることを習慣にしてください。

 

その間に少し腹筋を加えたり、骨盤をひねるなどして開いた骨盤を整えるストレッチを加えていきます。

 

6週目以降は、足を前後ろにゆっくり動かしながら足の筋肉を鍛えるストレッチを。体調が回復していれば、腹筋と同じ数の背筋を加えることで、より筋力がつきやすくなります。

 

無理なダイエットはしないこと

食生活も重要で、できるだけ脂質を避けた食事を腹八分目に摂ることが大切ですが、母乳育児をしている場合、赤ちゃんの栄養も摂らなければなりませんので、過度な食事制限は禁物です。

 

食べないダイエットではなく、しっかり食べて体を動かしながら代謝を上げるダイエットが理想的ですね。

 

母乳育児では赤ちゃんにおっぱいをあげるため、水分をたくさん摂取する必要がありますが、母乳育児でない場合も、ミネラルウォーターなどの水をたくさん飲むことで新陳代謝が活発になり、体内の老廃物が尿と一緒に排出されやすくなりますので、できるだけたくさんの水分を摂ることをおすすめします。

 

コーヒーなどカフェインの含まれる飲み物は、体を冷やして基礎代謝を下げてしまう可能性がありますので、水を飲むのが苦手という人は、ハーブティーや免疫力を高めるルイボスティー、デトックス効果の高いどくだみ茶などを飲むとよいでしょう。