JIPITER[ジュピター]

JUPITER [ジュピター]

全国のママに役立つ情報を経験を交え発信中。これから出産の妊婦さん、子育て奮闘中ママにも有益な情報をお届け!

女性の将来を左右する!?産後の肥立ちを健やかに過ごす理由やその方法とは

「産後の肥立ち」ってなに?

「産後の肥立ち」とは、産褥期とも呼ばれる時期のことで、出産後、妊娠前の体に戻るまでの時期を指します。産後の肥立ちは出産後6週~8週間ごろまでの、子宮がもとの大きさに戻るまでと考えられています。

 

この時期に無理をしてしまうと後々の体にかなり悪い影響があるといわれていますので、注意が必要です。

 

産後の肥立ちは体にどう影響するの?

産後の肥立ちでは、赤ちゃんが入って大きくなっていた子宮が、収縮しながら元のサイズに戻っていくと共に、子宮の出血や妊娠による分泌物が悪露として体外に排出されます。そのほか、妊娠によって開いていた骨盤も、この時期に元の位置に戻っていきます。

 

こうした体の変化が清浄に行われないと、産褥熱と呼ばれる発熱をしたり、産後うつや乳腺炎などになりやすいほか、閉経の時期に訪れる更年期障害の症状がひどくなるのだそうです。

 

更年期障害などは、産後ずっと時間が経ってからなのであまり実感がわきませんが、後の体調が産後の肥立ちで決まってしまうと思うとちょっと怖いですよね。

 

産後の肥立ちをよくするためにはどうすればいい?

産後の肥立ちをスムーズにするには、体に必要な栄養を食事でしっかり摂ることが大切です。どの栄養を摂ればよいということではなく、体が正常に機能するために必要な、さまざまな栄養をバランスよく摂取することが重要。忙しくて食事まで配慮できないという人も多いことでしょうが、できるだけ意識してみましょう。

 

そして何より、無理をせずできるだけ安静にすることが、産後の肥立ちをよくするためにもっとも有効です。昔は産褥期間に針仕事をしてはいけない、水仕事をしてはいけないなどとよくいわれました。

 

これは産後の肥立ちで目を使うと視力が落ちやすかったり、水仕事で体を冷やすと産後の肥立ちが悪くなってしまうことからだそうですが、こうした説からも分かるように、安静にしていることはとても大切なのです。

 

里帰り出産をされた人は、産褥期間だけでもできるだけご家族に家事などを頼り、ゆっくりさせてもらうこと。自宅にすぐ戻られた場合も、ご主人と協力し合いながらお願いできることはお願いしてみましょう。

 

長い人生を考えれば、産褥期間はほんの一瞬です

その間だけゆっくりさせてもらって、体がしっかり回復してから頑張れば大丈夫。ストレスを溜めないことも産褥期間には大切ですので、心身ともにリラックスした生活を心がけるとよいですね。