JIPITER[ジュピター]

JUPITER [ジュピター]

全国のママに役立つ情報を経験を交え発信中。これから出産の妊婦さん、子育て奮闘中ママにも有益な情報をお届け!

市販品も活用しよう!無理なく充実した離乳食ライフを送るためのポイントをご紹介します

離乳食は神経質にならなくても大丈夫

生後6ヶ月頃になると、離乳食が始まります。最近は手作り志向のお母さんが増えているので、できるだけ手作りの離乳食を与えたいと考える人も多いようですが、考えすぎてストレスになってしまうと、お母さんにとっても赤ちゃんにとってもよくありません。

 

最近の離乳食は質が高く、安全にこだわって作られているものがたくさんありますので、忙しいときは市販のベビーフードを活用するのも賢い育児におけるひとつの方法です。

 

防腐剤についても安全なものを使用していたり、防腐剤未使用のベビーフードもありますので、大切な赤ちゃんに安心して与えられます。

 

外出時はベビーフードが便利

長時間外出するときは、離乳食を持って出かける必要がありますね。そんなとき、ベビーフードを活用するととても便利です。

 

もちろん手作りの離乳食を持って出かけるのもよいのですが、真夏などは傷んでしまわないか心配ですし、もし手作りの離乳食を持っていったとしても、足りなかったときに市販のベビーフードを購入すれば、すぐに与えてあげられます。

 

最近はコンビニで離乳食を置いているところもあるようですので、さらに便利になりました。ベビーフードを活用することで、外出の準備がスムーズになりますし、しっかり密閉してあるので傷んでしまう心配もありません。

 

また最近のベビーフードは、おかずとごはんといったお弁当のような組み合わせで作られているかなり凝ったものもありますので、赤ちゃんもきっと楽しんで食べてくれるでしょう。

 

「半調理品」ってなに?

一から離乳食を作るのも楽しいものですが、完全に手作りとなるとかなりの時間と手間がかかります。そこで、ベビーフードの使用に抵抗がある、という人にもおすすめなのが「半調理品」です。

 

半調理品とは、じゃがいもをマッシュしただけのもの、裏ごししたコーンなど、「野菜を茹でて潰してペースト状にする」ところまで調理してある食品のこと。これなら昆布だしを加えるだけでスープを作れたり、みじん切りにして茹でた具を加えてしっかりした離乳食を手早く作ることができます。

 

半調理品のメリットは、手軽なのはもちろんですが、手作りして保管するよりも保存期間が長く、また風味が落ちる心配がないこと。冷凍してある半調理品ならかなり長い期間保存できます。

 

基本はすべて手作り、という人も、もしものときのためにストックしておくと、食材が足りないときに役立ちますので、ぜひチャレンジしてみてください。